昭和ハウジングセンター株式会社 > 昭和ハウジングセンター株式会社のブログ記事一覧 > 相続トラブル問題点と解決方法①

相続トラブル問題点と解決方法①

≪ 前へ|相続した不動産についてのポイント   記事一覧   相続トラブル問題点と解決方法②|次へ ≫

問題点①相続人に長い間連絡が取れない人がいる



こういう場合どういった問題が起こりうるのか、また、それを解決するにはどうすればいいのかをここでお話しします。










何が問題なのか





「遺産分割ができない」ことが考えられます。相続人に「行方不明者」や「音信不通」の人がいた場合、遺産分割ができないため、金融資産をおろすことも不動産の名義も変更することができません。例えば、親が相続税納税資金として貯めていた預金があったとしても原則として相続人全員の実印が揃わない限り引き出すことが出来ず、別途相続人自身が納税資金を調達しなければいけなくなります。
また、納税用に確保しておいた不動産も名義変更しない限り売却することはできず、親の名義のまま誰かが固定資産税等を負担し続けなければなりません。
さらに、遺産分割が整わない場合、「配偶者の税額軽減」や「小規模宅地等の特例」の適用を受けることができず、未分割のまま申告し、高い相続税を負担することになってしまいます。







相続発生前の解決方法



「遺言書を作成します」
時間をかけてその人を探すこともできますが、いつ相続が発生するかは誰にもわからないので、遺言書を作成しておくことをおすすめします。形式的な不備があった場合のリスクや検認手続き等の負担を考えると、公正証書遺言が望ましいです。その際に遺言執行人を指定しておくと後の手続きがスムーズです。また、財産に漏れがないような書き方にもしなければなりません。





相続発生後の解決方法




「家庭裁判所に申し立てを行います」
行方不明者がいた場合は大変です。家庭裁判所へ「不在者財産管理人の選任」を申し立て、同時に「財産管理人の権限外行為の許可審判」を申し立てることで行方不明者の財産を管理してもらう手が考えられます。ただし、不在者の法定相続分は手つかずのの状態が継続するため、抜本的な解決には至りませんさらに、財産管理人は弁護士等の専門職が就く場合が多くその場合報酬等の費用もかかります。失踪宣告を行う手もありますが、死亡とみなされるのは7年後になります。






point



連絡が取れない人がいるのは相続手続きの足をおおきく引っ張ることになります。とにかく早く相談することをおすすめします。










不動産、相続のことは昭和ハウジングセンター
06-6382-8886













≪ 前へ|相続した不動産についてのポイント   記事一覧   相続トラブル問題点と解決方法②|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

處 浩之 最新記事



處 浩之

地元吹田で37年の実績があります。吹田での物件探しは是非当社で!

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


コーポ栄

コーポ栄の画像

価格
980万円
種別
中古マンション
住所
大阪府吹田市内本町1丁目20-2
交通
吹田駅
徒歩8分

八尾市住宅型有料老人ホーム

八尾市住宅型有料老人ホームの画像

価格
4億8,400万円
種別
店舗
住所
大阪府八尾市1丁目
交通
八尾南駅
徒歩29分

一棟売りマンション 昭英ビル第6

一棟売りマンション 昭英ビル第6の画像

価格
3,980万円
種別
一棟マンション
住所
大阪府吹田市日の出町
交通
吹田駅
徒歩13分

千里丘東1丁目リフォーム済み中古戸建て

千里丘東1丁目リフォーム済み中古戸建ての画像

価格
3,980万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府摂津市千里丘東1丁目3-2
交通
千里丘駅
徒歩7分

トップへ戻る